コラーゲンと一緒に摂りたい美容成分~ポリフェノール~

コラーゲン以外にも注目の成分としてご紹介したいのがポリフェノールです。
ポリフェノールと聞くと赤ワインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ある科学者は、フランス人は高カロリーな食事をしていても、他の欧州諸国と比較して心臓病による死亡率が低い要因が、日常的に赤ワインを飲んでいることと関係しているのではないかと考えました。

赤ワインに豊富な成分がポリフェノールで、ポリフェノールを摂ると動脈硬化や脳梗塞の予防、抗酸化作用が向上するなどと言われています。
酸化を防ぐこと(抗酸化作用)は、老化防止にも役立ちます。なぜなら、老化は体の細胞が酸化することが原因と考えられているからです。

「健康にいい」「美容にいい」と言われるポリフェノールですが、その成分や働きについて見ていきましょう。

ポリフェノールは渋み・苦み・色素の成分

植物の葉、茎、実などに含まれていて、光合成によってつくられる植物の渋みや苦み、色素の成分を総称してポリフェノールと言います。
ほとんどの植物に含まれていて5,000種類以上のポリフェノールが存在します。

例えば、カテキン、アントシアニン、タンニン、ルチン、イソフラボンという言葉を聞いたことはありませんか?これらは全てポリフェノールの一種です。カテキンは緑茶に含まれることでよく知られていますが、ポリフェノールと意識せずに摂っていたなんて方もいるかもしれませんね。

ポリフェノールの魅力~抗酸化作用~

ポリフェノールの健康作用として挙げられるのが「抗酸化力」。

私たちが呼吸をすると、体内で酸素は栄養素と結びつきエネルギーとなりますが、余った酸素は体内で使われずに酸化してしまいます。これが活性酸素です。
活性酸素は、適量であれば私たちにとって役立つ働きをしますが、過剰に活性酸素が作られると過酸化脂質を作って、動脈硬化やがんのような病気、老化、免疫機能の低下などの原因となります。

活性酸素の発生や働きを抑えるためには、抗酸化物質を摂るといいと言われています。抗酸化物質には酸化を抑える抗酸化作用があり、活性酸素を取り除いて老化や生活習慣病を予防する働きがあります。このような抗酸化物質のひとつがポリフェノールなのです。そのため、ポリフェノールが健康や美容にいいと言われるのでしょう。

何からポリフェノールを摂る?

ポリフェノールが豊富に含まれているのは、色が濃いもの渋みが強いものです。だからワインと言っても白ワインではなく赤ワインなのです。緑茶やコーヒーにもポリフェノールが含まれていますが、これらも色が濃く、渋みや苦みを感じるものですね。

他には、ココアや紅茶からも摂ることができます。果物では、ブルーベリーから摂れることはよく知られているかもしれませんね。
身近な野菜や果物からも摂ることができ、なす、玉ねぎ、りんご、大豆などからもポリフェノールを摂ることができます。

日常にもっと手軽にポリフェノールを取り入れるなら、サプリメントやポリフェノールドリンクを利用するのもいいですね。ポリフェノールだけでなくプラス成分も配合されているものもあるので、効率的にいい成分を摂ることができそうですね。カロリーも低く抑えられますし、検討してみるのもおすすめです。

おすすめのポリフェノール