• TOP >
  • 記事一覧 >
  • 高血圧の改善にコラーゲンが有効な理由

高血圧の改善にコラーゲンが有効な理由

高血圧とタンパク質、一見あまり関係ないように思われますよね、
でも実は結構重要な関係なようですよ。

高血圧の人は「塩分を控える」ということが頭に浮かびますが、実はコラーゲン=たんぱく質も体外に排出される際に塩分を外に出してくれる働きがあるということです。
塩分(ナトリウム)を体外から一緒に出してくれるなら血管に負担をかけず、高血圧にもいいじゃないか!ということになります。

細胞と細胞をつなぐ役目をしているのもコラーゲンですが、たんぱく質は
血管を保護している役割も果たしているのですって。

もし、不足したらどうなるのか?すばり血管のしなやかさが無くなり、
硬くなり、詰まりやすくなってしまいます。
全ての脳の血管も動きが怪しくもろくなるんですよね。
日頃からタンパク質、コラーゲンをしっかり摂取していれば血管のつまりや
弾力性、もろさを防ぐ事ができるのです。

 

 

 

 

どういうコラーゲン=たんぱく質を摂ると血管にいいの?


「絶対これが一番」というたんぱく質と言われてもちょっと困りますが、
高血圧の人には魚のコラーゲンやたんぱく質がサラリ度高くおススメと言われています。

魚の脂質は、動脈硬化によく、血管の詰まりも改善するといわれているので
高血圧の人向けのたんぱく質です。

 



高血圧改善に・・コラーゲン、タンパク質。
意外な関係が解りました。
他には大豆類なども血管のためにはいいですね。あなたも、魚を食べて、血管を強くして青い魚は特に、お勧めですから積極的に食べましょう。

もちろん食べ過ぎはいけませんが。
あとはゼリーやドリンク等のサプリをとるのもいいですね。
魚由来のものを選んでみましょう。


イワシやサバなどの青魚には、オメガ3脂肪酸という成分が含まれています。

これらは、血流を良くしますし、身体の新陳代謝を促進したりする働きがあるといわれているので、おススメですね。
高血圧とコラーゲンの関係を発表した論文です。

高血圧自然発症ラットにおける鶏コラーゲン由来オクタペプチドの血圧降下作用
本研究では,鶏コラーゲンペプチド中に含まれ,強いACE阻害活性を有するオクタペプチドのSHRへの血圧降下作用および消化酵素による分解性について検討した.<BR>(1) オクタペプチドをSHRに4.5mg/kg体重で単回投与した結果,SHRの収縮期血圧値を有意に低下させた.<BR>(2) 試験管レベルでオクタペプチドは,ペプシンおよび,トリプシン/キモトリプシン,小腸上皮酵素に対して難消化性を示し,そのACE阻害活性は維持されていた.<BR>以上の結果から,鶏コラーゲンペプチドに含まれるオクタペプチドは,<I>in vitro</I>でのACE阻害活性を持つだけでなく,SHRの血圧降下作用を示すことが確認された.
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(12), 602-605, 2008-12-15 
日本食品科学工学会

 

コラーゲン記事一覧

コラーゲンの効果を見てみよう

コラーゲンと一緒に摂りたい成分

専門的に見るコラーゲンのこと

サプリメントでコラーゲン摂取

コラーゲンは美容に効果絶大!?

コラーゲンを摂れば健康的になれる?

記事一覧