エイジングケアにコラーゲン摂取が有効なわけ

コラーゲンは皮膚や、内臓、骨、関節、髪などに大きく関わっています。
体内に含まれるたんぱく質の一種で、3割はコラーゲンであるともいわれています。

実は皮膚は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という3姉妹で出来ています。

これらが不足してしまうと、ハリや弾力がなくなり、加齢による「しわ」
「たるみ」等につながるのです。
皮膚トラブルにも関連することがあります。
エイジングケアに必要なのは肌だけではありません。
見た目ももちろんそうですが、骨に関わる部分は関節が動きにくくなったり
軟骨がすり減ったりして痛みで歩けなくなったりと、日常生活に影響を及ぼすのです。

 エイジングケアにコラーゲンが必要ということは、健康のために今まで作っていたものが減少しているので補ってあげることをしないと、あちこち不具合が出ますよということなのですね。

弘前大学との共同研究でこんな論文がありました。

論文
線維芽細胞への作用:弘前大学との共同研究
パセノール™の主成分であるピセアタンノールの真皮でのコラーゲン産生に対する影響を検討しました。真皮線維芽細胞において、ピセアタンノールは濃度依存的にコラーゲン産生量を増加させ、その効果がレスベラトロールよりも強いことがわかりました。コラーゲンは真皮層で肌に弾力やはりを与えており、加齢によりその量が低下することが知られています。ピセアタンノールはコラーゲンの産生を促進するので肌のたるみ、しわなどの老化を抑える可能性が示されました。

コラーゲンペプチド経口摂取による皮膚角層水分量の改善効果

魚鱗コラーゲンペプチド(2.5g, 5g, 10g)の3用量の用量設定と豚皮コラーゲンペプチド(10g)の有効性確認を目的に,プラセボ群を設定して各々を4週間摂取して摂取前後の皮膚状態の変化を二重盲検法で比較した.その結果,魚鱗コラーゲンペプチド摂取によりその用量に応じて角層水分量の増加傾向が見られ,特に,30歳以上を対象とした層別解析で魚鱗コラーゲンペプチド5g以上の摂取により角層水分量の有意な増加が認められた.一方,豚皮コラーゲンペプチド摂取では有意な変化は得られなかった.この結果から,魚鱗コラーゲンペプチドの摂取は角層水分量の増加に有効であると考えられた.また,その他の評価項目(経表皮水分蒸散量,皮膚粘弾性,皮膚所見)に関しては,コラーゲンペプチド摂取に起因すると推定される変化は認められなかった.

年齢を重ねたからこそコラーゲンをとっていきたいもの

エイジングケアは肌や骨だけではなく、髪にも影響します。

ぱさぱさしたり、なんとなく白髪も増えたり、あるいは髪が減ったり。
これはたんぱく質をうまく生かしきれてないのでしょう。
魚から抽出するフィッシュコラーゲンは、吸収しやすいですがペプチド状態なのでもっと効果がでやすいのです。

分解されやすいので胃腸の中で消化・吸収されやすいのです。

年をとってから摂るよりも、若いうちからコラーゲンにかかわる
何かを身体に取り入れていると習慣化されて、エイジングケアも要らないような感じになる人もいます。これも毎日の摂取のたまものですよね。

実際に今なにか、困っている美容の悩みがあったら、エイジングケアの実験として
美肌ドリンクや美肌成分を気にした食品を毎日摂ってみたり、コラーゲンを意識した食生活や習慣を今日から始めて見てはいかがでしょうか。