• TOP >
  • 記事一覧 >
  • 目元のたるみにコラーゲンは効果があるか?

目元のたるみにコラーゲンは効果があるか?

目元は顔全体の印象を決めると言っても過言ではありません。そんな目元にたるみがあっては、いくら他が良くても台無しです。今回は、そんな目元のたるみを改善するために、コラーゲンが有効かどうかを経口摂取した場合と肌に塗った場合とで比較しました。目元のたるみに悩む方は必見です。

目元のたるみは加齢により増加する

残念なことに、目元のたるみは加齢に伴って増加していきます。資生堂のリサーチセンターに所属する研究者らは、20歳から60歳までの日本人女性を対象に、年齢と顔全体のたるみとの関連を調査しました1)。その結果、やはりと言うべきか、年齢が上がるに伴って顔のたるみも増加していました。加齢が顔全体のたるみの原因になっていたのです。

もし目元のたるみや、また顔全体のたるみの原因が加齢であるならば、これらを予防したり、改善したりすることは不可能なのでしょうか。実はその解決の糸口はコラーゲンにあります。以下では、コラーゲンのサプリメントやスキンクリームなどが目元のたるみに効果があるのかなどを検証していきたいと思います。

コラーゲンサプリメントは目元のたるみに効果あるのか

コラーゲンのサプリメントを投与することが、目元のたるみの改善に効果があるかどうかという研究は多く行われています。そのうちの1つとして、今回は6ヶ月間にわたって行われた介入研究についてご紹介します2)。この研究は、閉経後の女性を対象として行われました。

まず研究の対象者は、本物のサプリメントを投与されるグループと、偽薬を投与されるグループとに分けられました。これは、プラシーボ効果と呼ばれる、薬を投与されるだけで現れる偽の効果の影響を取り除くためです。

また、研究者も調査の対象者もこのどちらのグループに割り当てられたかを分からないようにされました。これは二重盲検法と呼ばれる方法です。研究者の先入観(本物のサプリメントを投与されたグループは良い結果が現れるはず)や、調査対象者のプラシーボ効果(本物のサプリメントを投与されたからたるみは改善されるはず)による結果への影響を取り除くためです。

このように、厳密な精度管理のもとに行われた研究は、このコラーゲン入りのサプリメントが目元のたるみを改善したことを示しました。サプリメントを投与されたグループは、偽薬を投与されたグループよりも、写真や超音波による評価で、目元をはじめ、口の周りなどの他の部位でも、しわやシミが改善されたのです。これは、コラーゲン入りのサプリメントが目元のたるみの改善に効果があったことを意味しています。

目元に塗った場合はどうなのか

コラーゲン入りのサプリメントが、目元のたるみを改善する効果を有するのに対して、皮膚に直接コラーゲンを塗った場合の効果は、研究によって一致していません。現段階では、まだ効果があると断言することは出来ないのです。なぜこのような結果になったのかについては、「The Dermatology Review」3)というサイトで論じられています。

一般的に、口から摂取するコラーゲンについては、消化管にてペプチドやアミノ酸にまで分解された後に、再度皮膚を構成するコラーゲンとして生まれ変わると言われています。新たに合成されたコラーゲンが下から皮膚を押し上げるため、たるみを防止できると考えられています。

しかし、コラーゲンを直接肌に塗った場合は、分子の大きいコラーゲンは皮膚を通り抜けることができなかったと言われています。そのため目元のたるみを改善するなどの、期待するだけの効果は得られなかったのではないかと考えられています。コラーゲンの入ったクリームや美容液などに効果は期待できないと言えるでしょう。

まとめ

今回は目元のたるみを改善するために、コラーゲンが有効かどうかを口から摂取する場合と、肌に塗る場合との両方において検証しました。結果としては、口からコラーゲンを摂取した場合は改善効果が期待できるが、肌に直接塗る場合は効果が期待できない可能性が高い、ということになりました。サプリメントや化粧品選びの際の参考になさってください。

コラーゲン記事一覧

コラーゲンの効果を見てみよう

コラーゲンと一緒に摂りたい成分

専門的に見るコラーゲンのこと

サプリメントでコラーゲン摂取

コラーゲンは美容に効果絶大!?

コラーゲンを摂れば健康的になれる?

記事一覧