コラーゲンと若返る肌の関係とは?

コラーゲンはお肌に良いと言うことはわかるけど、若返りにはどうやって効くの?
という疑問をもつ方がいます。

わかってはいるけど実感できる若返りのコラーゲン活用法ってなんなのということですよね。

コラーゲンは、ハリや弾力の元になるスプリングの役割を担っています。
スプリングが新しかったり弾みがつけば、ボンボンと勢いよくジャンプでき、張りがありますが、スプリングが伸びてしまったり、古かったりしたらきしんだり弾まないことになりますよね。

お肌の内部は同じようなことが起きているわけです。

この成分の分子はとても大きく、角質層の隙間に入ることは難しいので
お化粧品として使うには「浸透する」よりも保湿のためのカバーとおもっていたほうが
良いでしょう。

美肌効果がこの成分入りのコスメで思えるのは保湿力や感想から守ると言う点に
なるのです。そして実はこの乾燥から肌を守ることは若返りに繋がります。

お肌の老化は乾燥~と言うことは耳にしたことがあると思います。

若返りへの着実方法は「乾燥を防ぐ」ことだからです。

 

 

 

低分子化でも分子が届くのは角質層まで。張りや弾力のあるスプリングは真皮層ですから、
まずこの成分のコスメの場合は保湿力のために使うと思っていればいいです。

これで若返るための第一段階です。

 

若返るためのコラーゲン活用、内側からは?

それならば内側からはどうでしょうか。
体内で一度アミノ酸に分解され、その後再編成されて、あらゆる場所に行き届いてしまうのがコラーゲンです。

近年の研究では「ヒドロキシプロリン」というアミノ酸は、お肌にしっかりと到達してこの成分の役割を果たすことが解ってきました。皮膚の老化に対して有効だとといわれています。

ということはこのヒドロキシプロリンをとることで若返る可能性が高いということになるんですね。

ヒドロキシプロリンは、食事でも化粧品でも効果がある優れもの。化粧品の場合でも、保湿だけでなく弾力が増加したというデータも証明されていますので、コラーゲンでハリ・弾力の効果を感じたいのであればコラーゲンそのものではなく、ヒドロキシプロリン配合のものを選ぶことをオススメします。

コラーゲン構成アミノ酸ヒドロキシプロリンの逆相HPLCによる定量分析Analysis of Hydroxyproline Found in Collagen by Reversed-Phase High-Performance Liquid Chromatograp

ヒドロキシプロリンはコラーゲン構成アミノ酸の約11〜14%を占め, コラーゲンにほぼ特異的に存在していることから, コラーゲンの指標として, コラーゲンの酸加水分解物中のヒドロキシプロリンの高性能(高速)液体クロマトグラフィー(HPLC)分析を検討した。ヒドロキシプロリンやプロリンは環状イミノ酸であるので, 酸加水分解アミノ酸試料をo-phthalaldehyde(OPA)で標識後, 未反応のヒドロキシプロリンやプロリンを9-fluorenylmethyl chloroformate(FMOC-Cl)で特異的に標識した。OPA/FMOC標識アミノ酸試料を酢酸緩衝液/アセトニトリル溶離液を用いてODS-逆相クロマトカラムで分離し, FMOC標識ヒドロキシプロリンのみを蛍光検出にて定量分析することが可能となった。

 

群馬保健学紀要 24, 111-116, 2004-03  [この号の目次]
群馬大学

そのほかサプリのほかに食品としても知っておきたいアンチエイジングの組み合わせをお教えします。

是非、サプリやドリンクを選ぶ際の参考と、食品から摂る際の目安にしてくださいね。
○コラーゲン化するためにビタミンCが必要です。かんきつ類の果物やキウイを摂るようにしましょう。
○みかんやいよかん、せとかなどは毎日のおやつにおススメ!風邪予防の効果も。シミもできにくくなるはずです。
○アンチエイジングに必須のビタミンEも積極的に摂りましょう。肌のターンオーバーを効率よくしてくれます。
○ビタミンEを含むのはアーモンド、抹茶などを摂るとお勧め、大豆もいいです。ごまも美容食品ですので、少量ずつ継続してとりましょう。