動物性コラーゲンの特徴

コラーゲンの種類は
動物性コラーゲン
海洋性コラーゲン
に分けられています。
この中で動物性コラーゲンについて、今回は見ていきましょう。
最も多く用いられているのは豚のコラーゲンです。
以前は牛のコラーゲンも多かったのですが狂牛病などの影響で差し控えられるように
なりました。豚は人間に近いアミノ酸構成を持っており、摂りいれられやすいとされています。
比較的魚が安全といわれることもありますが、現在は、製品化するにあたっては、
どちらも品質管理や安全性のチェックがなされます。あまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。

 

先ほど述べたように、多くは豚由来のものであり、
加工販売しやすいものとなっています。

ただし、脂肪分を含んでしまうため、ちょっと濁り勝ちになることもあります。
例えれば、お水が純粋にならず少し純度が下がっているというようなものです。

純度が低くなってしまう傾向にあります。
更にデメリットとしてあげると、独特に匂うことがあります。
気にならない人もいると思いますが、臭みが気になる人もいます。

動物性は繊維が入り組んでいるので魚由来のものよりも
消化吸収しづらいことがあります。
また動物性はカロリーが高めなのは脂肪分を含んでしまうからです。

自分のライフスタイルに合ったコラーゲンを愛用することで、
体の中からキレイになりましょう。

狂牛病事件が発生以降、メインは鳥・豚のコラーゲンとなりました。
加工しやすいというお話はしましたが、グミやゼリーなどにも適用しやすいのが
この動物性由来のほうです。 取り入れた際、上手く消化吸収出来ない場合が多いのはこの動物性の場合ですね。分子が粗いので、
時間がかかってしまうこともありますので、加工して分子を細かくする
モノを選んだほうが良いでしょう。

 

 

 

普通ですと、摂取してから人体に吸収されるまで何時間かが必要です。

ペプチドのように低分子化されたものですと、吸収される時間が
とても短くなります。

 今販売されているコラーゲンで動物由来と記載されているものは、ほぼ豚由来のものです。こちらのタイプのものは加工しやすいため、低価格であるのが特徴です。
しかし、一般的に動物性コラーゲンは脂肪などを多く含むため純度が低いこと。そして、独特な臭いがあり飲みづらいなどの問題があります。
また、魚由来のものに比べて遥かに吸収と消化に時間がかかります。動物由来の多くは、分子を細かくするなどして、吸収を早める工夫をしていますが、海洋性のものも低分子化しているので、やはり吸収には時間がかかるようです。

2013年  第67回日本栄養・食糧学会

皮膚の光老化(UV-B)に対するコラーゲン・トリペプチドの抗シワ効果
酒井 康夫 他

肌だけではありません、関節にある軟骨についてもこの成分が生きています。ということは、この成分が減少すると、腰やヒザなどの負担が多くなってしまうというわけです。
軟骨は骨と骨のクッションの役目をしていますから。
この軟骨がうまく働いてくれないと、骨と骨がぶつかりあって、骨がすり減ってしまいます。


衝撃吸収材のような役割をしているのがこのコラーゲンなのです。そのほかにも、髪の老化、骨粗しょう症などの予防にもかかわっているのです。

動物性の成分にはタンパク質を生成するのに不可欠な存在であるアミノ酸が含まれています。体内にあるすべてのタンパク質は 30種類程度のアミノ酸で作られています

ただし動物性のものは癖があったり、個人差で好き嫌いが分かれますので
海洋性のものと選別して使うようにするなど継続しやすい形でとるのがいいでしょう。

この成分を補うことで、軟骨がすり減って痛くなる変形性関節症、アレルギー性皮膚炎などにも効果があると言われるようになってきました。より、各組織の機能を高め、症状を改善させる効果が期待されます。

体内のあらゆる部分へ良い方向に効くのがこの成分です。そのコラーゲン成分が減少してしまうと、肌や髪等あらゆる体の部分にこれまた症状があらわれます。
真皮内のこの成分やエラスチンが不足すると、細胞をつなぎ合わせる役割を果たすものがいないのでカサカサしたり保湿力にかけたりします。保湿ができないということは肌が老化してしまい、乾燥やハリや弾力の低下が起こり、たるみの原因にもなります。
また髪の毛もしかりです。
枝毛や切れ毛が多くなり、乾燥した髪の毛になってしまい、バリバリに。
老けた印象を与えてしまうのでこれまた「悪影響」です。
それから、骨はカルシウムだけをとっていればよいという神話はもう終わりました。じつは、骨の25%はコラーゲンです。コラーゲンがカルシウムをくっつける役割をしていなければ、骨も強度を保つことができません。その為、その成分が不足すると、あちこちの関節が痛くなったり、ちょっと転んだと言うだけで怪我をしたり、骨折をしたりします。骨がすかすかというのもこの成分が足りないために起こる現象です。