コラーゲンサプリの原料について

美容成分のサプリって一応、消化吸収しやすい形になっているとはいうけれど・・一体何の原料なんだろう?と考えたことありますよね。安心を得るためにもその原料についてチェックしてみました。

コラーゲンサプリの原料例
豚コラーゲンペプチド
魚由来コラーゲンペプチド【フィッシュコラーゲン】
といったように、肉系【動物系】魚系に分かれるのが多いです。まず、一般的に多いブタコラーゲンについてみていきましょう。

  1. (1)豚コラーゲン

流通量がもっとも多いとされているのが豚コラーゲンになります。名前の通り、豚を原料にしたコラーゲンです。豚コラーゲンはそれほど匂いもなく、名前のわりに飲みやすいコラーゲンと言われています。
(2)魚コラーゲン
魚を原料にしたコラーゲンもサプリには配合されています。特徴はそれらの成分の溶解温度が低く、溶けやすいという点です。

豚と違って多少魚のにおいが残るという場合もあります。
ペプチド型では、ヒドロキシプロリンという種類の成分が多いです。
臭いの気になる人は癖が少ない豚由来でできている粉末を選びましょう。
上記のポイントを踏まえて摂取すればお肌を筆頭として、より美しくなることができます
サプリメントには、ドリンク、カプセルやゼリーなどがありますので個々のお好みに合わせたものを選ばれるといいでしょう。いろいろなものに混ぜたいなら粉末ですね。
ドリンクもこれら成分の配合が多いといわれていますし、ご自身のサイクルに合わせて選ばれるのが良いと思います。
いつでもおやつ間隔で食べられるゼリーも人気です。
結局のところ、価格と内容で選ぶ人が多いですね。
コスパで優れているサプリ、後は癖のない原料や飲みやすさと効果を平均して選ばれる方が多いようです。
それぞれのサプリの特徴もみておき、原料と一緒にバランスのとれたコラーゲン摂取を心がけましょう。

 

 

コラーゲンサプリ、メリット/デメリットを知ってそれぞれの特徴を生かそう

●粉末タイプのサプリ
メリット:飲み物や料理に混ぜて気にせずに摂取できる。価格が安い。
デメリット:多少、溶けにくいということと、味やにおいに癖がある。
粉末でなく造粒加工された「顆粒」であれば溶けやすいのですが、粉末の方が低価格のものが多く需要も大きいのです。

 

●ゼリータイプのサプリ

メリット:持ち歩いたり、どこでも摂ることができる。おやつ感覚。
デメリット:多少においが残る、味にも好み個人差が出る。

 

●ドリンクタイプのサプリ

メリット:吸収しやすいので効果がすぐに出やすい。味もバリエーションがあり飲みやすくなっている。

デメリット:値段が高価になりがち。

 

●タブレット、粒タイプ、タブレットタイプのサプリ

メリット:においや味を気にせずにいつでも、どこでも手軽に摂ることができる。比較的安価で継続しやすい。

デメリット:効果を感じるまでに時間がかかる。

 

コラーゲンサプリ、原料も最大に生かすための摂り方

サプリをうまく使ってが健康をサポートするためにはもちろんのこと、お肌のためにも
「継続」が大切です。では継続するためにはどうしたらいいかというと
飲みやすく続けやすい環境を作らねばなりません。
面倒になり続かなくなると、せっかく質の良い原料の栄養成分を摂ってもあまり意味がないことになってしまいます。
まず飲むこと、摂ることを習慣にしてしまうといいでしょう。
毎日の飲み物や食べ物などに混ぜて継続している方、寝る前に摂っている方など、歯磨きうがいのように習慣化してしまう人が継続しやすい傾向にあります。

コラーゲンはビタミンCや「肉や魚などのタンパク質と一緒に取るとなお効果的です。
そのため粉末などで食事にこれらの成分が入っているサプリなどを混ぜるのも有効手段の一つなのです。
豚コラーゲンは魚コラーゲンに比べペプチドに含まれる成分のPro-Hyp(プロリルヒドロキシプロリンが2倍なので量が魚タイプよりも少なくて済みます。

 

コラーゲン記事一覧

コラーゲンの効果を見てみよう

コラーゲンと一緒に摂りたい成分

専門的に見るコラーゲンのこと

サプリメントでコラーゲン摂取

コラーゲンは美容に効果絶大!?

コラーゲンを摂れば健康的になれる?

記事一覧