コラーゲンの働きとは?

私たちの体や肌に良いとされるコラーゲンですが本当に体の中で働いてくれているのでしょうか?

疑問を提示する情報もありますがその根拠というのが次の様なものに集約されているようです。

 

ひとつは体内でアミノ酸に分解されてしまうので役立たないのでは?

ということと、効果がどこにどう出るか実感が薄いというものです。


まずこの疑問について紐解いていきますと、これらはタンパク質の1種ですよね。

成分を口から摂取すると、吸収する中でアミノ酸に分解されるというのが、まずその疑問1にあたっているようです。

その後、改めてタンパク質に再度、構成されるので、コラーゲンとして働いてないのではないかという主張なのです。

いわゆるなんか違うたんぱく質になっていたらお肌や健康のためにならないでしょ?という見解ですね。


ただし、一つ疑問を言えばこれらの全てがアミノ酸に分解されるのか?という点も見る必要がありそうですよね。
私たちが摂りいれていて、吸収されやすい形とはドリンクやサプリなどになっているコラーゲンペプチドという分子の小さい細かい形のものです。これは摂りいれることにより吸収が早いのでペプチドの形なら効果を存分に発揮できる形と言えましょう。

また、成分が血中に吸収される時、ほとんどはアミノ酸になってしまうという説ですが、

最近の研究では、コラーゲンペプチドの一部はペプチドのまま吸収されることがわかっています。


血液中にとけこんで体をめぐり、ちゃんと美白、しみ、しわ、たるみ、健康としての役割を果たすような命令をだしているというのです。


摂り入れたコラーゲン全部がぷりぷり効果や関節効果になるというのは、
100%ではありませんが、少なくともまったく違うたんぱく質で用をなさないということはなさそうです。


これらの働きを有効にするにはペプチドの形が理想ということですね。
では次にこの成分の働きとペプチドの摂り方について掘り下げていきましょう。

 

コラーゲンの働きをもっと知っておこう

世間一般的に言われる美容や健康に関する働きとは

1.美肌効果がある
2.免疫力をあげる効果がある
3.関節の働きを助ける効果がある
というようなものです。

もともとこの成分はみなさんご自身で毎日作り出していますが、
加齢により生産能力が落ちてくるので、それをサポートする働きが必要になっていきます。
しかしこれは、飲んだから、食べたからとその間だけ効果が出るというものではありません。毎日の良い習慣で、吸収しやすいからだが整うのです。

 

サプリメントやドリンク、食品から摂取することが一般的ですが、コラーゲンの場合はおよそ4割が皮膚でそれ以外が分布して体にあります。
 軟骨などの骨の中ではとりまとめの調整役を行っているのです。繊維状のものや網目状のものなど、いろいろな形で存在しています。
すべてを食事から摂取するのは難しいのはご存知の通りです。
そこで、ペプチドの形にして摂るには、サプリメントやコラーゲンドリンクをうまく活用したいものですね。
ただし、ペプチドの威力を保てる期間があまり長くありませんので、毎日少しずつ摂ることが効果的なのです。
これら成分の質は活性酸素によって低下することも提言されています。出来る限り活性酸素を摂らない生活を心がけることも大事ですね。第一歩として、添加物やジャンクフードを摂らないようにするとか、毒素を出しやすい食生活をしたりする、質の良い水を飲むといったことで毒素排出、デトックス生活を安定化させることができます。

 

質の良い美容成分を摂って体内での働きを万全にしよう 

http://www.meiji.co.jp/corporate/r_d/topics/detail/20140310_01.html


コラーゲンペプチド摂取後に消化吸収された分解物の肌への効果を想定した細胞実験にて、コラーゲン由来のジ・トリペプチドに皮膚線維芽細胞増殖とヒアルロン酸産生促進効果が存在することを明らかにした。

このことから、コラーゲン由来のジ・トリペプチドが、健康な肌を保つための有効成分の一つであることが示唆された。
Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts」 (コラーゲン由来ヒドロキシプロリンを含むジペプチドPro-Hypはヒト皮膚線維芽細胞の細胞増殖とヒアルロン酸産生を促進する)The Journal of Dermatology 37, 330-338(2010)


このことからも、大量に成分を含むものを摂るよりは、吸収されやすい形、すなわち大事なのは量より質であるということがわかります。確かに年齢とともに成分は減少しますが、ゼロになるというのではなく20代のころと60代では1割程度減るというようなものです。ならばどうしてつやがなくなるのかというと、それら成分の質なんですね。


質のいい成分を吸収よく取っていれば、加齢などによる減少のハンディも少ないわけです。
それから栄養成分が劣化しないような生活も大事です。栄養成分のダメージはすぐに再生しないので一度劣化ダメージを受けてしまうとそのままの状態が続き、不調のサイクルが長くなります。


しかし、そのスピードは非常にゆっくりで数年かかります。

質の良い成分の確保と劣化させないことが大事というわけですね。